八津弘幸
八津 弘幸(やつ ひろゆき)は日本の漫画原作者、小説家、脚本家。
連載漫画の原作で培った構成力とエンターテイメント性をベースに、「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」映画「イキガミ」のような重厚な人間ドラマを得意とする。
sacca株式会社所属。
 
■プロフィール
【学 歴】
1971年9月1日生 日本大学芸術学部 卒業
【職 歴】
1995年~99年 フジテレビ ドラマアシスタントプロデューサーとして契約。
2001年~04年 (有)オフィスワンダーランド。テレビドラマ、漫画原作、その他出版物の執筆に携わる。
2007年~   ハンマーセッション!の原作を担当。
 
■主な作品集  
【ドラマ】  
2013年7月7日から9月22日までTBS系「日曜劇場」枠で放送。
最終話は関東で42.2%、関西で45.5%を記録し歴代第2位となり、平成以降の民放テレビドラマ史上第1位となった。
2014年4月27日から6月22日までTBS系「日曜劇場」枠で放送。
タイトルは、野球を愛した第32代アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトがニューヨーク・タイムズの記者に宛てた手紙の末尾に記された「一番おもしろいゲームスコアは、8対7だ」という言葉に由来。
2015年1月18日から3月22日まで毎週日曜日21:00 - 21:54に、TBS系の「日曜劇場」枠で放送。
2015年7月15日から9月9日まで 毎週水曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系の「水曜21時」枠で放送。
第2話(7月22日)と第4話(8月5日)を脚本。
2015年10月18日から12月20日まで毎週日曜21:00 - 21:54に、TBS系の「日曜劇場」枠で放送。
平均視聴率18.5%。最終回視聴率22.3%は2015年の民放連ドラ最高となった。

Smartザテレビジョン 第87回ドラマアカデミー賞 脚本賞を受賞
【映 画】  
2014年11月15日より全国東宝系にて公開予定。
第9回ローマ国際映画祭のコンペティション部門に出品されることが決定。
【漫画原作】  
義風堂々!! 疾風の軍師 -黒田官兵衛 第1巻(ゼノンコミックス)
義風堂々!! 疾風の軍師 -黒田官兵衛 第2巻(ゼノンコミックス)
義風堂々!! 疾風の軍師 -黒田官兵衛 第3巻(ゼノンコミックス)
義風堂々!! 疾風の軍師 -黒田官兵衛 第4巻(ゼノンコミックス)
義風堂々!! 疾風の軍師 -黒田官兵衛 第5巻(ゼノンコミックス)
義風堂々!! 疾風の軍師 -黒田官兵衛 第6巻(ゼノンコミックス)
【その他】  
森の戦士ボノロン。
セブン-イレブンやデニーズで配布されているフリーペーパーポラメルに掲載されている絵物語。オレンジ色の巨人ボノロンの活躍を描く。偶数月の15日に全国セブン-イレブンの店舗にて毎号100万部が配布されている。